仔猫

台風19号が過ぎた朝、金木犀の香りに街全体が包まれているような日でした。
被害状況の心配をしながら片付けをしていると定期的に猫の鳴き声がしてきます。
近所に猫親子さんがいるのでその子達かな?と思いながら、でも余りに長い。様子を見に外に出ると近所の駐車場の隅に、聞こえていた大きな声からは想像ができないほどの小さな仔猫がいました。
病院で生後2ヶ月程度で体重440gという栄養不足、多分カラスによる怪我、事故による怪我との診断。
こんな状態でよくあんな大きな声で鳴き続けたなと、驚きました。
自分では食べないのでシリンジによる強制給餌を数時間おきに10日程、そうしたら少しずつ体力と体重も回復してきて、遊びだしたり自力で食べ始めた時はホッとしました。

現在は700gになって首に開いていた数カ所の穴もみるみる塞がり、驚異的な回復力をみせてくれた仔猫。
今日は獣医さんで「頑張ったね!」と褒められていました。

我が犬シャルが在籍していた保護団体の預り様、友人からの助言と手助けがなかったら不安で仕方がなかったと思う。
ありがたいです。


保護したて。疲れたのか膝の上で直ぐに寝てしまいました。
もっと早く外に見に行けばよかった。

 

 


飛び跳ねて遊んでいます。
シャルとまだ完全フリーでは対面出来ていないので「うちの猫」決定はもう少し先。

mimako