リング制作WS

佐倉Work-Works さんで開催の「再逢」も後半となりました。
明日は休廊となっております。

昨日はリング制作ワークショップの1回目でした。
今回のWSは叩きリング、タガネリング、の2種類からお選び頂いておりますが、不思議にも1回目は皆さんタガネリング、3日に開催の2回目は皆さんタタキリングをお選び頂いておりました。
タガネリングはPez制作のタガネ(鉄工ヤスリの柄やタガネ株にヤスリで模様を彫ったもの)を使って、模様を組み合わせていくリングです。
組み合わせは無限になるので、その分皆さま真剣に考えて下さっていました。悩みますよね~。
工程としてはタガネを銀板に打ち込んで、ロウ付け、リング棒に入れて真円になるまで大きくしていき、リングの形になったら鉄工ヤスリと紙やすりで整えて完成!となります。
言葉だとあっさりですが3時間半かけ、銀板がただひとつの指輪となりました。
以前のタガネピアスの時も感じましたが本当にそれぞれなんだな~と。出てくるデザインはその方ならでは。


ワークスさん地下スペースがワークショップの場所となっています。
普段は建築の商談スペースだそうで、照明や壁紙のサンプルがお洒落に展示されているアトリエのようなスペースです。創作にはぴったり。
楽しく真剣に、金属を叩く音も賑やかに。


リングの完成です。
素晴らしい出来上がり。皆さまお疲れ様でした。

以前からPezを見守っててくれている方々や新しくお会いした方々。今回貝と真珠をテーマにした新作を含めて手にとって愉しんでいただけ、つくり手もジュエリーたちもとてもありがたく幸せな期間です。
3日には追加で数点持って伺います。絶賛制作中。
お近くにおいでの際は是非遊びにいらして下さいね。

mimako