夜光貝とタカセ貝。

先日暖かな日、貝をカットしていました。
夜光貝とタカセ貝。最近は蝶貝を加工する事も多いので石垣島の夜光とタカセは少しお久しぶり。
ブレスレットとネックレス用に電動工具でカットし、大まかに成形したら後は屋内での研磨作業になります。

そうそう、以前ブログに書いた集塵機。購入して使っていますがとても快適。何故もっと早く使い出さなかったのか?と我ながらハテナと思う程に快適。
粉は少しは飛ぶけれど、貝加工をする度に工房が真っ白!という事はなくなりました。シルバーの研磨時も、舞うホコリの量が全然違う。
使用しているのは彫金のバッファーの後ろに据え置く集塵機でなく、木工などで使う様なマキタの集塵機です。最近のは軽いのですね。作業の場所がまちまちの私にとっては移動が出来て使い勝手がいいようです。

アメリカ製の宝石研磨機の取説を読んでいた時、石でなく貝だけが研磨時の粉を名指しで気を付けるよう明記してあって、何故なのだろう?と。何となく体によくないのは知っていたけれど粉塵はどれも同じようによくないでしょうと。何故わざわざ貝を名指しなのか。石よりも粉が細かいって事のようです。多分。
少し削るだけの時とか、ついついマスクを着けずに作業してしまうからだめですね。ちょっとでもマスクを着ける癖をつけよう。

 


ここから細かい成形と研磨の開始。
光と色を放ち始める貝たち。見違えます。

mimako