タカセ貝の光の線

少し前に加工作業したこちらのタカセ貝。磨き終えたモノ。

 

裏にもキャッツアイ効果の光の筋が見えます。
タカセは貝の研磨で一番最初に手掛けた貝だから「勝手知ったる」な親近感がありますが、この光の線をみるといつも自然の為す事に感心します。

大きな方のシェルはシルバー台のリングに。

小さな方はK10台でつくろうと思っていたら地金が足らず。。手に入れてからの制作になります。

4月というのに寒い雨の1日でした。
今朝の犬散歩の時に傘をさして園に向かう家族連れと多くすれ違って、桜はちょうど入学入園にあわせてくれたのになあと。青空のもと記念撮影が出来なくて少し残念。
明日は晴れますかね。
よい1日を。

mimako